© 2008-Now 日本保健医療福祉連携教育学会
Japan Association for Interprofessional Education

第4回日本老年薬学会学術大会のご案内

第4回日本老年薬学会学術大会が以下の要領で開催されます.

ぜひご参加ください。

なお本学会は後援を予定しております。

<第4回日本老年薬学会学術大会>
会 期:2020年5月23日(土)・24日(日)
会 場:神戸国際展示場 2号館
会 長:平井 みどり(兵庫県赤十字血液センター 所長)

URL: https://convention.jtbcom.co.jp/4jsgp/
 

第8回厚生労働省ICFシンポジウムのご案内

2020年1月18日(土)に厚生労働省主催で標記シンポジウムが開催されます(入場無料)。

ぜひご参加ください

URL: http://www.who-fic-japan.jp/icf08/

ご連絡・お問い合わせ

【第8回厚生労働省ICFシンポジウム事務局】(オスカー・ジャパン株式会社内)

  〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-35-1 ネオ・シティ三鷹

  E-mail:icf@oscar-japan.com

  TEL:0422-24-6815(平日10:00-12:00、13:00-16:00) FAX:0422-24-6812

本学会学術誌「保健医療福祉連携」がオンライン化されました!

2019年9月26日(木)より本学会学術誌「保健医療福祉連携」が

J-STAGE(科学技術情報発信・流通総合システム)上で閲覧可能となりました。

URLは以下の通りです。

URL: https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jaipe/-char/ja

また本学会HPのトップページに配置したJ-STAGEバナーからもリンクされております。

ぜひご活用ください!

 

新潟医療福祉大学連携総合ゼミ2019のご案内

☆日程

事前オリエンテーション:2019年8月9日(金)14:50-

ゼミ活動:2019年9月2日(月)-9月6日(金)

オープニングオリエンテーション:2019年9月2日(月)10:40-

◇ミニ講座 新潟大学大学院 井口清太郎先生

発表会・修了証授与:2019年9月6日(金)10:40-

 

☆お問い合わせ先

新潟医療福祉大学学務部教務課

電話:025-257-4500  E-mail: kyoumu@nuhw.ac.jp

 

※詳細は広報用ポスターをご覧ください.

 

2019千葉大学IPEカリキュラムマネジメント&授業開発研修及びIPWベーシック・マネジメント研修のご案内

☆主催及び共催

主催:千葉大学大学院看護学研究科附属専門職連携教育研究センター(IPERC)

共催:日本保健医療福祉連携教育学会

 

☆研修名及び実施日時

1)IPEカリキュラムマネジメント&授業開発研修(2日間;定員20名)

2019年8月10日(土)9:00-16:00

2019年11月23日(土)9:00-16:00

 

2)IPWマネジメント研修

理論編 2019年7月28日(日)13:00-16:00 か 2019年10月19日(土)13:00-16:00 のどちらか1日(定員各日100名)

実践編 2020年2月10日(月)9:00-16:00(理論編受講済み者対象;定員10名)

 

3)IPWベーシック研修

理論編 2019年7月28日(日)13:00-16:00 か 2019年10月19日(土)13:00-16:00 のどちらか1日(定員各日100名)

実践編

①職種間の理解・コミュニケーション 2019年11月12日(火)16:00-19:00(理論編受講済み者対象;定員50名)

②対立の解決 2019年12月3日(火)16:00-19:00(理論編受講済み者対象;定員30名)

③カンファレンスの基本動作・模擬カンファレンス 2019年12月17日(火)16:00-19:00(理論編受講済み者対象;定員30名)

④介護と看護の連携 2019年11月5日(火)16:00-19:00(理論編受講済み者対象;定員30名)

 

☆場所

すべて千葉大学亥鼻キャンパス 看護・医薬系総合研究棟で実施します。

 

☆内容・参加費等

研修によって異なります。詳細はHP(https://www.iperc.jp/) でご確認ください。

 

☆対象者

IPEカリキュラムマネジメント&授業開発研修:大学・専門学校等の教員

IPWマネジメント研修:管理者

IPWベーシック研修:保健医療福祉の専門職等

 

☆申込先

HP(https://www.iperc.jp/から申し込みフォームに記入して下さい。

 

☆お問い合わせ先

email: inohana-ipe@office.chiba-u.jp

 

第12回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会は現在一般演題を募集中です!

詳細は学術集会ホームページでご確認ください

 

第12回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会のお知らせ(第二報)

学術集会ホームページが開設されました

学術集会の詳細は今後同ホームページでご確認ください

なお学会ポスターはこちらです

ぜひご活用ください

 

彩の国連携力育成シンポジウムのお知らせ

日 時:平成31年3月10日(日) 13:00~17:00

※シンポジウム前トピック講座(12:30~12:55)

場 所:埼玉県立大学講堂
入場料:無料

テーマ:埼玉県における地域連携と連携教育(人材育成)の実践と課題
~問題解決の糸口を探る~

プログラム:パンフレットをご覧ください

連絡先:edec@spu.ac.jp FAX 048-973-4807

※お申し込みはパンフレット内のQRコードからどうぞ!

 

 

12回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会のお知らせ(第一報)

 

日 時:平成31年9月29日(日)(予定)

場 所:文京学院大学 本郷キャンパス

〒113-8668 東京都文京区向丘1-19-1

大会長:川良 徳弘 (文京学院大学 保健医療技術学部長)

テーマ:多職種連携教育・協働を評価できますか ~これから始める・もっと深めるIPE&W~

概 要「連携教育,できているの?」

「どうすればできていると言えるの?」

「履修生をどう評価するの?」
「多職種協働が成功しているとか,うまくできてないとか,そもそもどう評価するの?」

こういった問いについてディスカッションして参加する人たち全てに

何らかのヒントを持ち帰ってもらおうという趣旨です.

これから始める施設は押さえておくべきポイントを知ることができ,

すでに始めているところでは自己評価・改善のきっかけになることを期待いたします.

 

          ※事務局より

             以上の内容は第一報です.今後,詳細情報は現在設置準備中の学術集会HP上でお知らせして参ります.

             乞うご期待!

 

 

本学会学術誌「保健医療福祉連携」が電子ジャーナル化します!

 

本学会ではかねてより、学術誌である「保健医療福祉連携」を、

科学技術振興機構が運営しているJ-STAGEに搭載するための準備を

進めて参りました。

 

平成30年9月19日,科学技術振興機構よりJ-STAGE登載誌として

採択となった旨の連絡が入りましたことをご報告申し上げます。

 

なお,科学技術振興機構の説明によりますと、

平成30年度におけるJ-STAGE登載申し込みが多数であるため、

「保健医療福祉連携」の登載は平成31年2月以降の予定となるとのことです。

 

詳細事項につきましては、引き続き本学会HPにてご確認ください。

 

新潟医療福祉大学連携総合ゼミ2018のご案内

☆参加大学

新潟医療福祉大学
新潟薬科大学
日本歯科大学
日本歯科大学新潟短期大学
新潟リハビリテーション大学
Angeles University Foundation (フィリピン)
University of Santo Tomas (フィリピン)
Chung Shan Medical University 〔中山医学大学〕(台湾)
National Yang-Ming University 〔国立陽明大学〕(台湾)
Hai Duong Medical Technical University (ベトナム)

 

☆日程

事前オリエンテーション:平成30年8月6日(月)

ゼミ活動:平成30年9月3日(月)-9月7日(金)

オープニングオリエンテーション:平成30年9月3日(月)

発表会・修了証授与:平成30年9月7日(金)

 

※詳細は広報用ガイドをご覧ください.

 

教員向けIPE(専門職連携教育)研修及び実践者向けIPW(専門職連携実践)研修のご案内

 

☆主催及び共催

主催:千葉大学大学院看護学研究科附属専門職連携教育研究センター(IPERC)

共催:日本保健医療福祉連携教育学会

 

☆研修名及び実施日

教員向けIPE(専門職連携教育)研修

1)IPEカリキュラム・マネジメント研修 平成30年8月31日(金)-9月1日(土)、平成31年1月12日(土)

2)IPE基礎教育授業開発研修 平成30年11月10日(土)

 

実践者向けIPW(専門職連携実践)研修

1)IPW指導者研修・マネジメント研修 平成30年9月22日(土)-23日(日)

2)IPWベーシックコース研修(医療系) 平成30年10月27日(土)

3)IPWベーシックコース研修(地域系) 平成30年10月28日(日)

4)IPWベーシックコース研修(介護と看護)平成31年3月16日(土)

 

☆場所

千葉大学亥鼻キャンパス 看護・医薬系総合研究棟

 

☆内容・参加費

研修によって異なります。詳細はHP(https://www.iperc.jp/) でご確認ください。

 

☆対象者

IPE研修:大学・専門学校等の教員

IPW研修:医療保険福祉機関等で従事する専門職及び管理職

 

☆申込先

HP(https://www.iperc.jp/から申し込みフォームに記入して下さい。

 

☆お問い合わせ先

email: inohana-ipe@office.chiba-u.jp

 

 

第11回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会のご案内

 大会テーマ:「地域包括ケア時代における連携教育と多職種協働実践(IPW) ~深める,広げる,役立てる多職種連携~」
 学術集会長:永田博司(茨城県立医療大学長)
 会期:平成30年8月11日(土)
 会場:茨城県立医療大学(クリック後、別サイトへ)
 演題募集期間等, 詳細は学術集会ホームページでご案内申し上げます。

 

Call for hosting the ATBH Conference in 2020

The World Coordinating Committee ATBH warmly welcomes expressions of interest from universities and health service organisations in hosting the tenth ATBH conference to be held in 2020. First held in London in 1997, ATBH conferences have met in Vancouver, London, Stockholm, Sydney, Kobe, Pittsburgh, and Oxford with Auckland to follow in 2018. The conferences bring together up to 900 delegates from around the world to promote interprofessional education towards improving global health through closer collaboration. Delegates include health and social care professionals and educators, policy makers, students and service users and carers. Interested organisations should be an institution active in the domain of health and/or social care, or of higher education in this domain, or a regional network in IPE/CP, or a consortium of institutions be willing to work closely with a regional network represented on the World Coordinating Committee. The need to be prepared to carry full financial liability for the conference, and organize the conference according to the general guidelines and the general program schedule, over 3 days in the period to define between May and October 2020 and to be agreed with the WCC-ATBH. They need to provide an easily accessible venue for international participation with evidence of available accommodation for a minimum of 500 delegates over 3 days in the conference venue. Preferably they have a track record in interprofessional education and collaborative practice nationally and internationally. Candidates provide written support from senior managers of the organisation/s involved in the bid, and provide evidence of available accommodation for lodging of conference participants in the area around the conference venue. Expressions of interest should indicate that these criteria are met. Candidates can contact WCC members and administrators for additional information.

 

 

 

第10回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会のご案内

 大会テーマ:「連携教育の発展と創造 -これまでの10年、これからの10年-」
 学術集会長:丸山仁司(国際医療福祉大学副大学院長)
 会期:平成29年9月9日(土)・10日(日)
 会場:国際医療福祉大学成田キャンパス(クリック後、別サイトへ)
 演題募集期間:平成29年6月1日(木)~7月31日(月)

詳細は学術集会ホームページでご案内申し上げます。

 

 

Don't miss the early bird registration opportunity for the upcoming European Conference on Interprofessional Practice & Education

 

The 6th European conference on interprofessional practice and education is held in Lausanne, Switzerland. The call for submission of abstracts/proposals is open until April 20th. Early bird registration closes on March 20th. The number of participants is limited. Please make your arrangements soon. All information is available on www.eipen.eu 

 

 

 

 

EIPEN Executive Office
Andre Vyt, Artevelde University College & University of Ghent, Belgium, chair
Majda Pahor, University of Ljubljana, Slovenia, vice-chair
Tiina Tervaskanto-Maentausta, University of Applied Sciences, Finland, vice-chair

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.02.08 彩の国連携力育成プロジェクト 最終報告会のお知らせ

 

平成24年度、文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」に選定されてからはや5年。本年度をもって、「彩の国連携力育成プロジェクト」が終了しようとしています。そこで、私達の5年間の取り組みの成果と今後の展望についての報告会を開催いたします。
第一部では、担当教員や実際に参加した学生たちからのお話を伺い、第二部では特別講演として、全国から注目を集めている地域包括ケア「幸手モデル」と呼ばれる取り組みのリーダーである、東埼玉総合病院の中野智紀先生にお話をうかがいます。その後、埼玉県保健医療部の副部長を交え、今後の彩の国連携について、パネルディスッションを行います。

 皆様方のご参加を心よりお待ちしております。

 

日時:2017年3月4日(土) 14:00~17:05
場所:埼玉県立大学 講堂 (埼玉県越谷市三野宮820)
東武スカイツリーライン「せんげん台」駅西口下車
朝日バス「県立大学」行からバス5分。「県立大学」下車すぐ。
内容:
第1部 彩の国連携力育成プロジェクトの報告
(1)プロジェクトの経緯概要説明
(2)プロジェクトの成果報告
(3)参加学生が振り返るIPW実習
(4)将来展望・今後の継続について
第2部 特別講演「豊かな暮らしを育む人材像 ~地域包括ケア『幸手モデル』からの展望」
 講師:中野智紀先生
(東埼玉総合病院 地域糖尿病センター・センター長、北葛北部医師会在宅連携拠点「菜のはな」室長)
 パネルディスカッション

詳細はコチラ

申込:下記、【お問合せ・お申込み】までお申込みください。
【お問合せ・お申込み】城西大学IPE事務室(担当:白井・春原)
メール:ipe@josai.ac.jp ※お名前、ご所属、ご連絡先を添えてお申込みください。
電 話:049-271-7729